ツァンパの日記

旅と民族文化を愛する田舎暮らし人の日記。

旅と民族文化を愛する田舎暮らし人のつれづれ。

鬼子来了

DVDを借りて見る、

というだけのことがなかなかできなかったここ数年。

ミニシアター系の映画とか、昔はよく見てた。

日々に流されるだけの自分を見直すべく、最近ようやく映画鑑賞なんつーものを再開。

 

で、見たのが、

「鬼子来了」(邦題:鬼が来た)。

太平洋戦争時代の中国、日本兵捕虜を預かることになった村人たちの話。

「中国で制作された太平洋戦争を描いた映画」というだけで、ひたすら日本兵の悪行を並べ立てるだけの反日映画だったらやだなーと思ってしまうのだけど、

いやいやそんな感じではなかったです。

確かこの映画が封切られた頃、日本兵役で出演している香川照之にある種のバッシング(「非国民」的な)があったような記憶があるけど、

いやいやそんな感じでもなかったです。

 

反日映画でもなく、

もちろん反中映画でもなく、

さらには(ハリウッド的な)単純な反戦映画でもなく、

戦時下の人間というものの姿をものすごーくリアルに描いた映画だった。

 

毎朝のんきに(?)ラッパ鳴らして行進する日本兵たち。

それを囲んで、アメもらったり、「センセイセンセイ」とこびて笑う村人たち。

片言の中国語で村人に話しかける将校。

そこにある、ある種の関係性は、決して「友好」でも「親愛」でもないけれど、でも「敵対」でも「憎しみ」でもない。

「日常」という時間の積み重ねだけが生み出す、ゆるやかで穏やかな、不思議なつながり。

戦争中、本当に多くの場所で、こんな「日常」が確かに存在したんだろうなと思わせるこのリアルさ。

でも、このゆるやかなつながりはとても脆いもので、ほんのささいなことから、最終的には取り返しのつかないカオスにつながる。

そしてこんな「カオス」もまた、戦争中たくさんの場所で発生したんだろうと思う。

 

昔昔、大学で研究していたテーマが、東チベットにおける近現代の中国とチベットの関係性だった。

清朝(中国)とラサ政権(チベット)という2つの政治的中心の間で、境界地域にいる一般大衆は、おそらくゆるやかなつながりのもとで共存していたと思われる。

それが、何らかのきっかけで崩壊し、結果的には東チベットの民衆は反中ゲリラとして先鋭化していった。

 

ゆるやかなつながりと、その後のカオス。

人間の持つ業の深さのようなもの。

これは太平洋戦争時の中国と日本に限ったことでなく、普遍的なものなのかもしれない。

だからこそ、中国人監督がここまでリアルに日本兵を描けるんだと思う。

とにかくこの映画は、「人間」がとてもリアルだ。

 

でも中国では上映禁止なんだとか。

(別に日本に好意的な映画でもないけど。明確に「反日」じゃないとだめなのか?了見狭すぎ!)

 

にしても、陸軍将校役の役者さん、怖かったなー。